行者杉ぎょうじゃすぎ

修験者が植えた杉の穂が大木に

 樹齢200~600年と言われる約4.68haにわたる見事な杉の巨木群。修験道が盛んだった昔、この地域も修験者の重要な修験の場でした。修験者は英彦山に入って修行する際に杉の穂を植える習わしがあり、その杉が長い年月をかけて育ったものが「行者杉」と呼ばれています。

 行者杉の中でも、行者の父として「大王杉」と名付けられた巨木は、樹高 約55m、幹周り 8.3m、推定樹齢 600 歳で、林野庁 の『森の巨人たち百選』に選ばれています。「大王杉」の他にも、行者の母と呼ばれる「霊験杉」や「境目杉」、「鬼杉」などが天空を目指して真っ直ぐに伸び、はるか上空で枝葉が空を覆い尽くしています。
 遊歩道も整備されていて、雄大な木々のなかを散策出来ます。

所在地福岡県朝倉郡東峰村大字小石原

ストリートビューで見る
駐車場
お問合せ先農林観光課商工観光係
0946-72-2313