めがね橋めがねばし

アーチの見事な造形美

JR日田彦山線の筑前岩屋駅~大行司駅には、三つのめがね橋が架かっています。昭和13年までに完成した多連アーチ橋で、近代土木遺産にも選ばれている美しい橋です。秋の紅葉、冬の雪などの四季折々の美しい景色の中を列車が走る様子は必見。下から見上げてシャッターチャンスを待つたり、車窓からの風景を楽しんだり、楽しみ方は様々です。
毎年、12月のクリスマスシーズンにはめがね橋がライトアップされ、幻想的な雰囲気に。光と闇の競演を一目見ようと、アマチュアカメラマンや観光客が多数訪れます。(ライトアップされるのは、栗木野橋梁と宝珠山橋梁)

◆第二大行司橋梁(通称:松尾橋)
全長54.9m、径間14mの4連アーチ橋で、県道52号に入って最初に見ることができます。

◆宝珠山橋梁(通称:奈良尾橋)
全長79.2m・径間14mの一番大きな5連アーチ橋で、松尾橋から北方1Kmほど先にあります。

◆栗木野橋梁(通称:金剛野橋)
全長71.20m、10mの径間2連と14mの径間が3連並ぶ5連アーチ橋で、その姿が最も美しいといわれています。

所在地・(1)第二大行司橋梁 福岡県朝倉郡東峰村大字宝珠山798-3
・(2)宝珠山橋梁 福岡県朝倉郡東峰村大字宝珠山1870-3
・(3)栗木野橋梁 福岡県朝倉郡東峰村大字宝珠山3230-2

ストリートビューで見る
アクセス国道211号「宝珠山交差点」を左折し県道52号沿い
駐車場なし
お問合せ先農林観光課商工観光係
0946-72-2313