2016-05-30

東峰村「いきもの」発見記③

5月後半そろそろホタルが舞う季節となってきました。

ところでみなさんは、ホタルを見たことがあるでしょうか?
もちろん、見たことがある人はたくさんいると思います。
ホタルというと、川や田んぼの付近に舞っている姿をイメージする人がたくさんいると思います。
しかし、実は山の中でもホタルを見つけることができるのです…

このホタルはどうでしょう?見たことがあるでしょうか?

そう、これは代表種ですね。「ゲンジボタル」です。
夜になると柔らかい光を出しながら舞っています。昼間はよく葉っぱの裏側に身を潜めています。
幼虫は水の中にいてカワニナ(東峰村では「ゴヒナ」というそうです)を食べています。

それでは、こちらはどうでしょう?
これは見たことがある人は少ないんじゃないかなと思います。

このホタルは「オバボタル」という森の中にすむホタルです。
今の時期、森を歩いているとよくこのホタルを見かけます。
実はこのオバボタル、幼虫は光るのに成虫は光らないという不思議なホタルなのです。しかも、水辺ではなく森の中という生育環境も異なっています。
東峰村ではオバボタルは5月後半~7月ごろまで見ることが出来ます。
「森の中に住むホタル」を探してみてはいかがでしょうか?

(地域おこし協力隊 岩間)

(chiikiokoshi)

アーカイブ